イベント主催者が、来場者に事前配布した入場用のQRコードを読み取るアプリ

来場者のリストから申込み確認を手動で確認していると一人につき30秒ほどかかり入口に渋滞ができます

これを1秒で確認して(OK音NG音鳴ります)表示された名前をお知らせでき、XXさまお入りくださいと案内できます

100名来場予定で、現在XX名入場済みと判ります

i名5秒で入場されれば、100名並んでいても500秒(約8分)で案内できます

オフラインアプリなので、電波の届かない場所でも使用できます  (English click here)


QRコード入場

 


サンプルデータ

QRenterData.zip

event1.csv -- Google Form からダウンロードしたcsvファイル

QRxxxxx  -- QR コードサンプル (画面表示か印刷ください)

 


使い方

 Step1 Google Formsを使ってイベントの開催案内申込ページを作る

第1項目 タイムスタンプ(Google Formが勝手につけます)

第2項目 お名前

第3項目 メールアドレス

第4項目 以降は自由に利用してください

 

Step2 作ったFormを参加予定者またはSNSで配布し募集します

Step3 回答集計のためスプレッドシートにダウンロードします

Step4 参加予定者のメールアドレスを、QRコード画像に変換し、参加者に申込完了メールで送ります

QRコード画像変換サイトのおすすめはQRのすすめ

ステップ1のデータ入力で、URLからメールアドレスに変更します

Step5 申し込み締切で、Google Formからデータをダウンロードしファイル名を event1.csv にします

Step6 USB接続して iPhone上の File/QRenter/event1.csv にコピーします

 

 

iPhoneのFileで確認します

 

Step7 event1.csv読み込みのボタンを押して予約済みの参加予定者数を確認します

 

さあ、来場者のQRコードを読み取って会場に案内しましょう

 

 

 

iPadでもM1 Macでも使用できます