Print
Hits: 14858

Apple Watch 対応済み

超高度計は、12個のGPS衛星が同じ値を返してくるまで結果を教えません。 (English click here)

電波の届かない山では、我々はふつうiPhoneの電源を切ります。電源入れてからiPhone GPSは、3つの衛星を捕まえれば値を返してきますが大きくズレてます。5分くらいするとたくさんの衛星の情報が入り正確な高度が入手できます。

これを自動で再チェックを繰り返し、設定してある誤差の範囲で同じくらいの値が返ってくれば正しい値と見なし、お知らせ機能を使って教えます。誤差の初期値は10mです。

 

 超高度計

おまけ機能で住所があれば表示できます。緊急時に警察、消防などに現在地を教えるのに役立ちます。

住所フィールドと高度フィールドは、コピー&ペーストに対応していますのでメモ帳などにコピーできます。

現在地の外気温と湿度が取得できれば表示するようになっています。

  

ヒマラヤ登山にてテストを行いました。宿に表示されている高度とぴったり合います。

 

高度と日付をいれた写真をとることができます。写真はカメラの機能の最大解像度をそのままPictureフォルダに保存します。 GPS情報は排除しています。

設定できる項目です。

正確な高度を取得したあとは、iPhoneの電源をきるべきですがポケットにいれたまま忘れることがあると思います。警告をオンにしておけば、5分後に教えてくれます。でもうっとうしいので初期値はオフです。

Apple Watch で使えます。

アプリを起動すると、高度スキャンをすぐ行います。

 

再スキャンするときは、画面を強く押しつづけます。 再スキャンのアイコンが出ます。

右のグランスで見た方が、見やすいです。 メイン画面より上スワイプするだけでグランス表示できます。

Apple Watch で最適なアプリです。